GOLF FACTORY 『G-SPEC』

GOLF FACTORY 『G-SPEC』 & Caffe 『g*note』 もっと楽しくなるゴルフを函館から

第6回函館地区倶楽部対抗戦結果と北海道オープン予選

8月5日(水)
第6回函館地区倶楽部対抗戦が、アンビックス函館倶楽部上磯GCで行われました。

昨年は28℃という暑さの中での大会でしたが、今年は24℃くらいでありながらも、蒸し暑さが相当厳しい中での大会になったもようです。

店長も毎年、お手伝いをしながら大沼レイクの選手として参加していましたが、今年は北海道オープンに出場のために欠席となってしまいました。

今年も昨年同様、函館地区の9つのゴルフ倶楽部の参加で、5名以上8人までの1チームとし、上位5名のトータルスコアで競うスタイルです。
大沼レイクと函館ゴルフ倶楽部は、2チーム結成されました。

5時にジースペックを閉め、アンビックスに向かったのですが、進行が遅れて競技が終了したのは6時半を過ぎていました。
プレーをしてきたというよりも、どうも農作業でもしてきたかのように首からタオルを下げ、髪の毛もびしょびしょにしてラウンド終了してくる選手たち。

ラフすっごいきつかったーとか、3パット山さ~(3パットいっぱい山盛りくらいしちゃったという意味)と、そんな言葉をたくさん聞きました。
ラフを伸ばしたわけではなく、刈ることができなかったそうで、選手たちをよりいっそう苦しめた大会になった中、今年優勝したチームは、函館ゴルフ倶楽部A5名チーム(409ストローク)でした。

hgca.jpg


2位は、鹿部カントリークラブの5名(421ストローク)お二人ほど、先に帰られたようで。。。
shic.jpg


3位は、大沼レイクゴルフクラブAチームの5名(424ストローク)A&Bチーム残ってた方のみで撮影。
olgc.jpg


ベストスコア賞は、鹿部カントリーの成田康修さんが77ストロークで店長を抑え、ゲットしました。


横道からの店長の話題ですが、先に記述したように、ANAダイヤモンドコースにての予選ラウンド初日は、81回でした。
75回でいいよーっていっていたのですが、まぁまぁたっぷりてんこ盛りのスコアでした。

道連の成績表やHole by Holeを見ると、トリプルボギーもあって何があったん?って聞いてみると、驚くことに4パットだったそうで。
んもー罰金もんですよ~これって。

『いやねー、ワイパーさー』って、はじめ何を言ってるのか意味がわからなかった私。
どうも力が入っていたようで、帯同キャディーをしてもらっていたM島さんにチェックを入れてもらってから、後半9ホールは39回だったそう。

たった今店長から電話があり、本日予選2日めは、78回にて終了したそうです。
まぁ、この数字では60位タイに残れるはずもないので、これから本日キャディーを務めてくれたY口さんとお風呂で汗を流してから戻ってくるとのことでした。

3人ともおつかれさまでしたー。
北海道オープン初挑戦で、今回は雰囲気に飲まれてきちゃったかなっていう思いと、私が応援に行ってないからかなーなんてちょっぴり思ったりしながら、安全運転で帰ってくるのを待ちたいと思います。

応援クリックポチ〆(゚▽゚*)してくれたみなさん、願いは叶いませんでしたが、応援ほんとうにありがとうございました<(_ _)>
きっと、こんなにも応援してもらってたことを知った店長は、次回リベンジだー!ってまた頑張る力になることでしょう。

みなさんも夏のゴルフ、めいっぱい楽しんで下さいね。
私もラウンドしたいーーーーーーーーーーーーーーー。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

FC2Ad